KIRIN FIRE(キリン ファイア)2019秋~フィール・ザ・ファイア

2019年10月9日

スポンサーリンク

桐谷健太さんが出演するKIRIN FIRE(キリン ファイア)「火がつく瞬間」篇のCMソングの曲名は、『フィール・ザ・ファイア(To Feel the Fire)』、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の楽曲です。

発売当時の1997年にキリン ファイアのCMソングとして書き下ろした曲のカバーアレンジバージョンです。

スティーヴィー・ワンダーの曲としては世界的にあまり知られていませんが、日本ではONE OK ROCK (ワンオク)やGacktが曲をカバーしています。

オリジナルソングもCMの為に制作された曲なのでダウンロード販売はされていませんが、この『フィール・ザ・ファイア』というタイトルの2000年に発売されたバラードベストのタイトルソングとして収録されています。

スティーヴィー・ワンダーについて

ベスト・コレクション

スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)は、1950年5月13日生まれのアメリカのシンガーソングライター。

1961年の11歳でのデビュー以来、現在まで全米トップ10ヒットが30曲以上ある音楽界のスーパー・スターです。

日本ツアーも10回以上行っており、2010年にはサマーソニックにも出演しています。

ファイアCM曲/フィール・ザ・ファイアの動画

To Feel The Fire-Stevie Wonder

スティービー・ワンダー関連CD・DVD・MP3ダウンロード

スポンサーリンク

2017年秋~2019春-パーシー・スレッジ/男が女を愛する時

石田ゆり子さんが出演するKIRIN FIRE(キリン ファイア)2017年秋~2019年のCMソングの曲名は、『男が女を愛する時(When a Man Loves a Woman)』、パーシー・スレッジ(Percy Sledge)の楽曲です。

2019年「鳶職」篇がオンエア。

1966年にパーシー・スレッジのデビュー・シングルとしてリリースされ全米1位を獲得した代表曲です。

同名の1994年公開のアメリカ映画『男が女を愛する時』の主題歌に起用されたほか、数々の映画、ドラマ、CMソングに起用されている名曲です。

パーシー・スレッジ(Percy Sledge)は、アメリカ、アラバマ州出身の黒人歌手。

1966年のデビュー・シングル「男が女を愛する時」が、いきなり全米1位の大ヒットとなり、1960年代を代表するR&B歌手となりました。

2015年に肝癌により死去しています。


itunes試聴&ダウンロード
When a Man Loves a Woman
パーシー・スレッジ

Percy Sledge – When a man loves a woman

パーシー・スレッジ関連CD/DVD/MP3ダウンロード

2014年 ファイア)ダブルマウンテン-スティーヴィー・ワンダー/フィール・ザ・ファイア

モデルのジェラ・マリアーノさんと工藤阿須加さんが出演するKIRIN FIRE(キリン ファイア)ダブルマウンテン「待つ女」篇のCMソングの曲名は、フィール・ザ・ファイア(To Feel the Fire)、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の楽曲です。

1997年にスティーヴィー・ワンダーさん自身が出演したキリン ファイアのCMソングとして書き下ろした曲の新アレンジバージョンです。
オリジナルとは若干ですがアレンジが異なります。

15年ぶりの楽曲起用となりました。

スティービー・ワンダー関連CD/DVD/MP3ダウンロード

ファイアダブルマウンテンCM動画

To Feel the Fire

スポンサーリンク