サントリー ジムビームシリーズ(ローラ出演)~2019年-シンク

スポンサーリンク

ローラさんが出演するサントリーのクールバーボン、ジムビーム(SUNTORY Jim Beam)のシリーズ2019年のCMソングの曲名は、『シンク(Think)』、オリジナルはアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)の楽曲のコマーシャル用カバーバージョンです。

2019年夏『Love Summer!』篇 がオンエア。

オリジナル楽曲は。アルバムからの先行シングルとして1968年にリリースされ全米7位、R&Bチャートでは1位を獲得しています。
1968年の4枚目のアルバム『アレザ・ナウ(Aretha Now)』に収録されています。

日本では、2014年開始の『痛快TVスカッとジャパン』のBGMとしても起用されました。

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)は、クイーン・オブ・ソウルと呼ばれるアメリカのR&Bシンガー。

ゴスペル歌唱をベースにした迫力のある情熱的な歌で人気になり、主にアトランティック・レコードと契約していた60年代に『シンク』、『チェイン・オブ・フールズ』『貴方だけを愛して』などの全米トップ10ヒット曲が多くあります。

1961年にデビュー、2018年8月に膵臓がんにより死去しています。


iTunes試聴&ダウンロード
Aretha Franklin – Think

ジムビームCM曲/シンクの動画

『Love Summer!』篇

Aretha Franklin – Think

アレサ・フランクリン関連CD/DVD/MP3ダウンロード

2017年冬~2018までのCMソング

2017年冬~2018までオンエアしていたジムビームのCMソングの曲名は、『おしゃべりはやめて(ア・リトルレス・カンヴァセーション (A Little Less Conversation)』、エルビス・プレスリー(Elvis Presley)がオリジナル楽曲のCM用カバーバージョンです。
『The Great Roots』篇

1968年に映画「バギー万才」の挿入歌としてリリースされ、全米69位を記録しています。

2002年に発表されたジャンキーXL(JXL)によるリミックスバージョンで再評価され、その後日本でもジョージア エメラルドマウンテンブレンドのCMソングとして起用されました。

エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)は、アメリカ出身のロック歌手。

50年代のロック創世記に活躍し、キング・オブ・ロックンロールと呼ばれました。
1977年8月16日に不整脈により42歳で亡くなりました。

iTunes試聴&ダウンロード
A Little Less Conversation (JXL12″ Extended Remix)
エルヴィス・プレスリー & JXL

A Little Less Conversation(オリジナルバージョン)

Junkie XL,バージョン

2014年冬~2016までのCMソング

前任のレオナルド・ディカプリオさん出演時からローラさんが引き継いで『ローラ登場』篇がオンエアされたのが2014年12月からです。

『mountain』篇『block』篇のCMソングは、『恋はメキ・メキ(If I Only Knew )』、トム・ジョーンズ(Tom Jones)の楽曲を歌詞を替えてアレンジして使用しています。

※ローラさんが出演の『Squeeze』篇がOA 2015夏~

トム・ジョーンズ(Tom Jones)は、1960年代から活躍するイギリスのベテランシンガーです。
この『恋はメキ・メキ』を発表した当時すでにベテランでしたが健在ぶりを発揮しました。


iTunes試聴&ダウンロード
If I Only Knew – トム・ジョーンズ

スポンサーリンク