K-1 ワールドグランプリシリーズ/テーマ曲&エンディング曲まとめ

2016年4月28日

スポンサーリンク

K-1 ワールドグランプリテーマ曲

立ち技格闘技の世界一を決めるK-1 ワールドグランプリのテーマ曲及びエンディング曲をまとめました。

これまでフジテレビ系列で放送されていた初代に加えてTBS系列で放送されていたWORLD MAXシリーズ、されに新しく生まれ変わった新テーマ曲があります。

スポンサーリンク

K-1 ワールドグランプリテーマ曲(初代)

フジテレビ系列のK-1 ワールドグランプリ(WORLD GP)シリーズのテーマソングは『エンドルフィンマシーン(Endorphin Machine)』、歌っているのはプリンス(Prince)です。

アルバムでは1995年にリリースされた『ゴールド・エクスペリエンス(Gold Experience)』収録されています。
また同じくエンディングテーマの『ゴールド(Gold)』も同アルバムに収録されています。

1995年よりK-1 ワールドグランプリのテーマソングとエンディングテーマになり放送終了するまで使われていました。

このアルバム、「ゴールド・エクスペリエンス(Gold Experience)」発表当時のプリンスは、The Artist Formerly Known As Princeと名乗っていましたが2000年以降は『プリンス』名義に戻って活動していました。

この楽曲をダウンロード

エンディング曲

初代K-1グランプリのエンディング曲は、『ゴールド(gold)』、テーマ曲と同じくプリンスの楽曲です。

この楽曲をダウンロード

プリンスについて
プリンス

1978年にデビューしたアメリカのシンガーソングライター、マルチミュージシャン(~2016年)。
1人でほとんどの楽器を演奏し、ロック、ファンク、ソウル、ブルース、ジャズ、ニュー・ウェイヴ、ヒップホップ、ディスコ等を取り入れた独自のポップミュージックを形成しました。
楽曲の管理が厳しい事で知られ、2017年までは、ほとんどの楽曲は、無料で視聴出来る事もダウンロードで楽曲を購入する事も出来ませんでした。
2018年になって楽曲のダウンロード販売を解禁しました。
しかし、ほとんどの楽曲は無料視聴する事は出来ません。
興味がある方は、ダウンロードかCDでの購入をおすすめします。

スポンサーリンク

新K-1 ワールドグランプリテーマ曲

新生K-1 ワールドグランプリのテーマ曲は、『K-1 WORLD GP JAPAN Theme』、オリジナル楽曲で残念ながら販売はされていません。

K-1 WORLD MAXテーマ曲

魔裟斗選手を筆頭に日本人選手も多く活躍したTBS系列で放送していたK-1 WORLD MAXシリーズのテーマ曲は、『インダクション(Induction)』、ガンマ・レイ(GAMMA RAY)の楽曲です。

アルバムでは、2001年にリリースされた『ノー・ワールド・オーダー(No World Order)』に収録されています。

ノー・ワールド・オーダー

ノー・ワールド・オーダー

ガンマ・レイ
5,000円(10/03 05:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

ガンマ・レイ(GAMMA RAY)は、元「ハロウィン」のカイ・ハンセンを中心に結成されたドイツ出身のメタルバンド。

日本での人気も高く何度か来日ツアーを行っています。

この楽曲をダウンロード

スポンサーリンク

武尊選手の入場テーマ曲

K-1 WORLD GP3階級制覇のチャンピン、K-1のカリスマ、武尊選手の入場テーマ曲は、『タッチン・オン・マイ-TOUCHIN ON MY』、3OH!3 (スリー・オー!・スリー)の楽曲です。

2010年にリリースされたアルバム、『Streets of Gold』に収録されています。

Streets of Gold

Streets of Gold

3OH!3
5,213円(10/03 05:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
3OH!3 (スリー・オー!・スリー)について

アメリカ合衆国コロラド州で2004年に結成されたショーン・フォアマン、ネサニエル・モッテによる2人組ユニット。
2010年公開の映画、『アリス・イン・ワンダーランド』に楽曲提供した『Follow Me Down』を含む3rdアルバム『Streets of Gold』は、全米アルバムチャートで7位を記録しています。

Touchin On My

この楽曲をダウンロード

スポンサーリンク