恋のから騒ぎオープニングテーマ&エンディング曲

2009年2月23日

スポンサーリンク

明石屋さんまさん司会の土曜深夜に放送していた番組、恋のから騒ぎのBGMにはオープニングとエンディングに2つの洋楽の楽曲が起用されていました。

この2曲は番組開始から終了まで一貫して起用され続けていました。

オープニングテーマ ケイト・ブッシュ/嵐が丘

オープニングテーマの曲名は『嵐が丘(Wuthering Heights)』、ケイト・ブッシュ(Kate Bush)の楽曲です。

エミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』に影響を受けて製作されたケイト・ブッシュの77年のデビュー曲であり、代表曲です。

デビュー・アルバムである『天使と小悪魔』 に収録されています。

ケイト・ブッシュ(Kate Bush)は、イギリスのシンガー・ソングライター。

2013年4月には大英帝国勲章を授与されるほどのイギリスを代表する女性ミュージシャンの一人です。


iTunes試聴&ダウンロード
Wuthering Heights
ケイト・ブッシュ

ケイト・ブッシュ関連CD

エンディング曲 サム&デイブ/ホールド・オン

恋のから騒ぎのエンディング曲は。『ホールド・オン(Hold On, I’m Comin’)』、サム&デイブ(Sam & Dave)の楽曲です。

サム&デイブ(Sam & Dave)は、マイアミ出身のサミュエル・デヴィッド・ムーアとデヴィッド・プラターによるソウルR&Bデュオ。

代表曲である『ホールド・オン』は、1965年にシングルリリースされR&Bチャート1位を記録しています。

1992年にはロックの殿堂入りを果たしています。


iTunes試聴&ダウンロード
Hold On! I’m a Comin’ (LP/Single Version)
サム&デイヴ

サム&デイブ関連CD

恋のから騒ぎは一応サントラも発売されています。

『嵐が丘』は収録されていますが、『ホールド・オン』は収録されていません。

それ以外の収録曲は当時流行の洋楽が中心で、どうも選曲に番組内容と一貫性がないように感じます。

スポンサーリンク